デコルテ 黒ずみ

デコルテの黒ずみを徹底解説する! 4つの原因と適切な対策

【デコルテが黒ずむ原因まとめ】

 

(色素沈着)

  • 日焼け
  •  

  • 摩擦
  •  

  • 乾燥

 

(黒角栓)

  • 毛穴に詰まった角栓の酸化

 

【デコルテの黒ずみ対策まとめ】

 

  • 皮膚を炎症させないように気をつける
  •  

  • きちんと洗って清潔を保ち、保湿からパックまできちんとスキンケアを行う

 

デコルテ-黒ずみ01

 

この記事は……

 

首や胸上などのデコルテ部分の黒ずみがお悩みである方

 

におすすめの記事となっています。

 

 

この黒ずみさえなければ……

 

 

黒ずんでしまっているデコルテを眺めながら、ウツウツとした思いでいる方も多いのではないでしょうか。

 

 

デコルテが大事なのはわかるけど、私のデコルテは黒ずんでいてとてもではないけど他人様に見せる気になんてならないのよ……と。

 

 

しかし、その黒ずみも原因をしっかりと理解し、きちんとした対策とケアを行うことで改善することができます

 

 

「スキンケア? やってるわよ」とお思いかもしれませんが、そのスキンケアはきちんと『黒ずみの原因を改善する』ものですか?

 

 

スキンケアは、『目的に合わせたもの』を行わないときちんと効果は発揮しません

 

 

ですので、ぜひこの記事を参考にしていただいて、効果的なデコルテの『黒ずみケア』を行ってください。変わりますよ。

 

 

 

 

デコルテの黒ずみの原因は代表的なものが4つある!

 

デコルテ-黒ずみ02

 

【デコルテの黒ずみの原因】

 

  • 日焼け
  •  

  • 摩擦
  •  

  • 乾燥
  •  

  • 角栓

 

デコルテの黒ずみの原因としては、上記の4つがあげられます

 

 

ただ、それぞれの要因からなぜ黒ずんで見えるのかを考えると……

 

『日焼け』『摩擦』『乾燥』
→ 色素沈着 
(日焼け→炎症後色素沈着)
(摩擦→摩擦性黒皮症)
(乾燥→色素沈着)

 

『角栓』
→ 角栓の酸化

 

 

と理由が2つに大きくわかれます。

 

色素沈着

 

作れられたメラニンが排出しきらずに皮膚にたまって、それが黒ずみの原因となるというメカニズム自体はかわらないのですが、『炎症後色素沈着』とふつうの『色素沈着』にわかれますので、それぞれをご説明していきます。

 

炎症後色素沈着

 

お肌が炎症を起こすと、その炎症がメラノサイトを刺激してしまいメラニンを産生するようになります

 

 

そのメラニンが排出しきれなくなって沈着してしまうことを、炎症後色素沈着と言います。

 

 

摩擦性黒皮症

 

機械的な刺激によって起こる色素沈着が原因で、お肌が黒ずむ症状を摩擦性黒皮症と言います

 

 

タオルなどでゴシゴシと擦ると、その場所のメラノサイトが刺激されてメラニンを産生し、排出しきれずにたまると沈着し黒ずみとなります。

 

 

乾燥による色素沈着

 

炎症後色素沈着を敢えてわけてご説明しましたが、基本的に色素沈着とは『お肌のターンオーバーに乱れが生じ産生したメラニンが輩出しきれなくなって、そのままお肌蓄積されてしまうこと』を言います。

 

色素沈着には様々な原因があり、炎症後色素沈着は炎症によってメラノサイトが刺激されてメラニンを過剰に作ってしまうことで起こる色素沈着ですが、乾燥によってお肌のターンオーバーに乱れが生じても色素沈着は起こります

 

 

 

 

角栓の酸化

 

角栓が酸化してくると黒く変色してきます

 

 

したがって、そんな黒ずみ毛穴の数が増えてくると、お肌全体が黒ずんで見えるようになります

 

 

デコルテの黒ずみ対策を原因ごとに紹介

 

デコルテ-黒ずみ03

 

デコルテの黒ずみの代表的な原因である……

 

  • 日焼け
  •  

  • 摩擦
  •  

  • 乾燥
  •  

  • 角栓

 

について、それぞれごとに対策をご紹介していきます。

 

 

日焼け

 

『日焼け』は炎症後色素沈着を起こすことによって、お肌の黒ずみとなります。

 

 

したがって、直射日光をさけたり、紫外線が強い時間帯は肌を露出しないなどの物理的対策と、UVクリームなどのスキンケア的な対策を合わせて行うと有効です

 

 

一般的には、『紫外線が強い日は肌の露出を極力避ける』『UVクリームなどできちんとスキンケアを行う』で対策できると思います。

 

 

UVクリームの強さですが、特別紫外線にさらされることのない一般的な生活を送るならば、SPF30 PA+++もあれば十分です。

 

 

これは『紫外線防止用化粧品と紫外線防止効果/日本化粧品工業会』出典の生活シーンに合わせた紫外線防止用化粧品の選び方の基準です。

 

 

『屋外での軽いスポーツやレジャーを楽しむことができる』レベルで、普通の人の日常生活なら十分と言えるレベルだと思います。

 

 

日焼け → 紫外線を防ぐために、デコルテ部分にUVクリームや多機能ファンデーションなどを使用し紫外線対策をします。もちろん直射日光や反射光などが当たらないようにする工夫も必要です。

 

 

 

摩擦

 

荒いナイロン製のタオルなどでゴシゴシやると、お肌がぽうっと熱を持ったようになるといったことは体験があると思います。

 

 

上記はかなり極端な例で炎症まで起こしている可能性がありますが、『皮膚をこすった刺激によりメラノサイトがメラニンを産生する』のが原因で摩擦性の黒ずみはできます

 

 

ただ、これは衣服の擦れすらも刺激となることもあるため、まったく刺激せずに日常生活を送ることはかなり難しいと言わざるを得ません。

 

 

したがって、これは『極力気をつける』の精神で行うといいでしょう。

 

 

『意識をする』ということが大事です。

 

 

とはいえ、意識しすぎてストレスを溜めるようなことも避けなくてはいけません

 

 

そのストレスが原因でお肌のターンオーバーが狂うようなことがあれば、元も子もなくなってしまいます

 

 

摩擦 → 肌着がこすれるだけでも刺激になります。したがって、まったく摩擦による刺激をお肌に与えずに日常生活を送ることは難しいですが、こすれや圧などの刺激がメラノサイトを刺激していることを意識して極力避けるようにしましょう。

 

 

乾燥

 

乾燥もデコルテの黒ずみの原因になります。

 

 

そもそも乾燥しているお肌はバリア機能も低下しているため、紫外線などの他のメラノサイトを刺激する要素への不安も高まっている状態です

 

 

しかしもっと根本的な話として、バリア機能の低下はターンオーバーの乱れによって引き起こされているので、乾燥したお肌は当然皮膚の新陳代謝が正常には行われていない状態になっています

 

 

つまり、メラノサイトによって産生されたメラニンの排出が十分ではない状態にあるので、作られたメラニンは溜まっていくことになり、それによってお肌が黒ずむのです。

 

 

したがって、お顔の手入れ同様にきちんとスキンケアをしてお肌を良い状態に保つことは、乾燥が原因である黒ずみ対策として非常に有効であると言えるのです。

 

 

乾燥 → ターンオバーの乱れに繋がり、正常な皮膚の再生がされなくなる。十分に潤いを与えて、日ごろからきちんと手入れをすることで改善が期待できます。

 

 

角栓

 

作ってしまった角栓は除去するほかありませんが、角栓を作らないようにケアしていくことで対策できます

 

 

角栓はおおよそ70%がたんぱく質で30%が脂質でできています。

 

 

ですので、『乾燥』が天敵です。

 

 

お肌が乾燥するとお肌がターンオーバーを早めようとして、結果毛穴に角栓を作ってしまいます

 

 

そして、その角栓が酸化するといわゆる『黒角栓』となって、黒角栓が原因のお肌の黒ずみになってしまうのです。

 

 

ですので、デコルテ部分の角栓による黒ずみ対策は、日常的にきちんとスキンケアをすることが有効です。

 

 

角栓 → できてしまった角栓は除去するしかありません。しかし、除去しただけで終わったら、すぐに同じ状態になっていまいます。ですから、角栓がつまらないような対策が重要です。角栓は『乾燥』との関係性が強いため、日ごろからのスキンケアが対策として期待できます。

 

 

 

 

デコルテの黒ずみ対策に有効なアイテムを紹介

 

特に『角栓』ですが……、これはなってしまったものは除去するしかありません。

 

 

『日焼け』『摩擦』『乾燥』などは、きちんと対策をとりながらお肌のターンオーバーを正常に保てば、いずれ改善されてきます。

 

 

しかし、そうしてキレイになった後でなにもしなくなれば、再び黒ずみを作るかもしれませんし、他の肌トラブルを抱えることになるかもしれません。

 

 

いずれにせよ、『日ごろからきちんと手入れをしてやること』が重要なのです。

 

 

そんなデコルテのスキンケアをするときに便利なアイテムと、デコルテケアに流用して便利なアイテムを1つずつご紹介します。

 

 

ハーリスネックシートマスク

 

デコルテライン-ハーリスネックシートマスク

 

 

まず、『ハーリスネックシートマスク』です。

 

 

こちらはあるようでなかったデコルテ専用のケアアイテムになります。

 

 

デコルテ全部を覆える切り込み加工の入った大判のシートで5日に1回のスペシャルケアを行います。

 

 

しかも、その大判のシートに1枚あたりに50mlもの美容液を含んでいてものすごいヒタヒタです。

 

 

更にすごいのが、この含んでいる美容液がプロテオグリカンを筆頭に卵殻膜エキスやプラセンタエキス、ローヤルゼリーなど高級美容液に使われる成分と同じものが使われていることです。

 

 

総合的に見て、『潤い』に強い配合になっています。

 

 

最後にもう一つおすすめポイントをあげますと、『シートが大判で含んでいる美容液の量が非常に多いため、デコルテケアのあとに気になるところをまとめてケアできる』という利点がハーリスネックシートマスクにはあります。

 

 

デコルテケアの日を、スキンケアのスペシャルケア日としておけば、まとめて気になるところをケアできてしまいます。

 

 

これができることを知っていると、ハーリスネックシートマスクって『無茶苦茶コスパが良いのでは?』とお思いになると思います。

 

 

デコルテ専用アイテムだけあって、非常に使い勝手もよく、ケアの作業も簡素化できてとてもおすすめです。

 

 

| デコルテ専用スキンケアアイテム! |

 

【参考】
ハーリスネックシートマスクのことをもっと詳しく書いた記事が読みたい!
公式で買え!ハーリスネックシートマスクの販売店と最安値を徹底調査!
※販売店・最安値情報とともにハーリスネックシートマスクの特徴なども詳しく解説しています。

 

 

 

クレーブワークスのKiraBika

 

きらびかファンデーション01

 

もう一つがクレーブワークスの『KiraBika』です。

 

 

こちらは多機能ファンデーションになります。

 

 

『化粧下地』『コンシーラ』『ファンデーション』『UV』クリームの機能があります

 

 

UV性能は『SPF40 PA++++』と、一般的な社会活動を行うだけならば性能は十分以上にあります

 

 

そして、このKiraBikaは美容液と見まがうばかりの美容成分も配合されているのが大きな特徴です。

 

 

『ヒト幹細胞エキス』『卵殻膜エキス』『ヒト型セラミド』『フラーレン』『プラセンタ』『EGF・FGF』と高級美容液に配合される成分がめじろ押しです。

 

 

このように、スキンケアアイテムとして十分におすすめしたいアイテムではあるのですが、今回はデコルテケアのアイテムとしてご紹介したいと思います。

 

 

KiraBikaのなにがデコルテケアにおすすめなのかというと……

 

美容液成分によるスキンケア効果も期待でき、UVクリームとしても十分な対紫外線性能も持ちながら、ファンデーションなので『お隠し』ができる

 

という点です。

 

 

デコルテにお悩みの方には、すでになにがしかの問題がすでにあると思います。

 

 

それを『お隠し』しながら、きちんとデコルテ美容もできるという点で使い勝手が良いのです。

 

 

KiraBikaは本来お顔に使うアイテムですが、このアイテムの流用も非常におすすめできます。

 

 

| 多機能なうえにまるで美容液な美容成分を配合したファンデーション! |

 

【参考】
KiraBikaのことをもっと詳しく書いた記事が読みたい!
きらびかファンデーション(KiraBika)の販売店と最安値を徹底調査! 結果を大公開!
※販売店・最安値情報とともにKiraBikaの特徴なども詳しく解説しています。

 

 

 

まとめ

 

デコルテの黒ずみ問題について、4つの原因と対策についてご紹介してきました。

 

 

デコルテの黒ずみは……

 

  • 日焼け
  •  

  • 摩擦
  •  

  • 乾燥
  •  

  • 黒角栓

 

が主な原因です。そして……

 

 

日焼け → 紫外線を防ぐために、デコルテ部分にUVクリームや多機能ファンデーションなどを使用し紫外線対策をします。もちろん直射日光や反射光などが当たらないようにする工夫も必要です。

 

摩擦 → 肌着がこすれるだけでも刺激になります。したがって、まったく摩擦による刺激をお肌に与えずに日常生活を送ることは難しいですが、こすれや圧などの刺激がメラノサイトを刺激していることを意識して極力避けるようにしましょう。

 

乾燥 → ターンオバーの乱れに繋がり、正常な皮膚の再生がされなくなる。十分に潤いを与えて、日ごろからきちんと手入れをすることで改善が期待できます。

 

角栓 → できてしまった角栓は除去するしかありません。しかし、除去しただけで終わったら、すぐに同じ状態になっていまいます。ですから、角栓がつまらないような対策が重要です。角栓は『乾燥』との関係性が強いため、日ごろからのスキンケアが対策として期待できます。

 

と、これらが有効な対策になります。

 

 

デコルテならでは皮膚事情はもちろんありますが、黒ずみの原因とその対策方法に関しては基本的にデコルテだからというものではなく、他の箇所と同様の対策になります

 

 

ただ、デコルテという場所の広さや形状から、専用アイテムを使うとより効果的にまんべんなくケアができるようになるでしょう

 

 

また、デコルテは目立つ場所で、対面で人と会えば必ず相手の視界に入る場所です。

 

 

ですから、多機能でお隠しもできるようなアイテムを使うのもひとつの対策方法にはなります。

 

 

そういった意味で『ハーリスネックシートマスク』と『多機能ファンデーションKiraBika』もご紹介しました。

 

 

この記事があなたの悩みのお役に立てたならば幸いです。

 

 

【参考】
デコルテをキレイに見せるための方法をもっと知りたい!
デコルテラインを綺麗に魅せる3つの方法!おすすめはスペシャルケア!!

 

 

 

ページ上部へ移動